前へ
次へ

喫茶店とカフェの違いを理解しておくと働きやすい

ホールスタッフとして働く場合、喫茶店とカフェの求人があった場合、どんな違いがあるのかよくわからないという人も多いでしょう。
同じように思われがちですが、実は大きな違いがあります。
あまり知られていないことですが、営業許可が違うため、名称が異なるといえるでしょう。
食品営業許可を申請するとき、飲食店営業許可を取得できるのがカフェです。
対して喫茶店営業許可を取っているのが喫茶店であり、飲み物がノンアルコールのみとなり、単純な加熱以外の調理ができません。
カフェの場合、現在ではさまざまな調理を行った飲食を出すことができるため、SNSでこだわりのメニューをアップしている人が少なくありませんが、喫茶の場合には単純な加熱やノンアルコールならではのこだわりあるメニューを提供しています。
それぞれにメリット・デメリットがありますが、キッチンスタッフは出すメニューが多彩となるため、調理が必要となる部分が多いです。
対してホールスタッフの場合、仕事内容に関してはそれほど違いがないため、求人に応募して働いてもそれほど違いを感じない場合も多いといえるでしょう。

Page Top